読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

悪意の解放・善意の発露 

つまりは、こっそり言いたいことを言うブログ

わざわざお金を払ってまでスペースを確保して本音を垂れ流す

ゴミを出す時に、お金を払わなくてはいけなくなったのはいつからだろう。

 

あの時の感じに似ている。

 

私はフェスブックやらツイッターやらで、それなりに日々のよしなしごとを、そこはかとなく書き作っているし、リアルでもそれなりに楽しく過ごしているわけなのだが。

 

世の中が面倒になったからか。

私が守りに入ったからか。

 

私が言いたいことを言って、私が嫌われるのは全く構わない。

それで離れていく人間関係などもとより必要ない。

 

でも。

私が好き放題言って、そこにいる私の好きな人たちが傷つくのはちょっときつい。

 

歳はとりたくないものだなぁと思ったり。

 

そんなわけで。

金を払って、広告もつけずに、こんな宇宙の海の底で、ぼそぼそと呟く場所を作ってみた。

 

チラシの裏にでも書いておけとも思うが。

 

以前、何かのきっかけでいい歳をしてひどく傷ついたときに、私の求めている言葉を探してネットの海をさまよったのだが、ついぞ見つからなかったことがあって。

 

そんなわけで。

あのときの私が、この私を見つけて、慰められてくれるよう、そのためだけにこのスペースを買った。

 

あのときの私が、私を見つけてくれたらいいと思う。

私の言葉で傷つくみなさんは、申し訳ないがここから出て行っていただけたらと思う。

 

これは私が垂れ流すゴミのようなものなんだから。