読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

悪意の解放・善意の発露 

つまりは、こっそり言いたいことを言うブログ

アメリカの話

「あ」のつく、あのマルチ

また、アメリカでのことを書くけれど。 とある教室で知り合ったメキシコ人の女性と、連絡先を交換してもらったことがあった。 彼女はとても明るくて、私のようなぐずぐずした人間を笑顔で励ましてくれたりしたから、お礼を言いたかったから。それだけだった…

贔屓か差別か。いじめていい人悪い人。

jp.reuters.com いや、あのさ。 ノードストリームさんは、最初「イバンカ・トランプ」ブランドを売っていたわけさ。 それは、トランプの娘だから売ってたの? それはそれで、やらしくない? いや、もしデザインが気に入ってたんだったらさ。 トランプ非難の…

とはいえ、私も「反トランプ」なんだけどね

何回にも分けて、「反トランプ勢の気味の悪さ」を書いてきたけれど、本当のところ私も「反トランプ」ではある。 理由の一つは「銃」だ。 ヒラリーもなんだかんだ言って「全米ライフル協会」との影の癒着が指摘されてきたけれど、亭主は銃規制を進めてきた人…

トランプ批判への違和感 その4(グローバル企業による美しい言葉たち)

アンチ・アンチトランプシリーズも、いつまでも書いても仕方ないので、これで最後にしようかしら。 www.gizmodo.jp 不法移民にの聖域であることを「是」とするサンフランシスコの第9合衆国巡回区控訴裁が審議中の大統領令 vs. 即時停止命令に対して、企業が…

トランプ批判への違和感 その3(ポピュリズム批判という上から目線)

今年の流行語対象になるんじゃねーかと一瞬思ってしまうほど、最近聞くよ、ポピュリズム。日本では「大衆迎合主義」みたい言われるけど、もともとは権力者への市井の反発みたいなやつだからね。 まあ、昔からさ。口汚い豪腕タカ派っぽい政治家がでると「わぁ…

トランプ批判への違和感 その2(アメリカ大丈夫か論)

入国禁止令で揺れるアメリカ。 テロを起こす人間がいる疑惑国家7カ国(まあ、この7カ国はオバマが決めたやつなんだが、この辺トランプのうまさというかヘタレさがでてるけど、その話はまた別で)からの人間をストップさせることに賛成の人もいる。反対の人…

トランプ批判への違和感 その1(不法移民について)

アメリカに縁があるから、アメリカの話をけっこうするつもりでいる。 世界中の人間が、まさかあの男が当選するとは思っていなかったんだろう。 あの頃、私もアメリカにいて、そう思っていた。 でもあの11月、「トランプはあるな」と思った。そういう空気だ…