読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

悪意の解放・善意の発露 

つまりは、こっそり言いたいことを言うブログ

とはいえ、私も「反トランプ」なんだけどね

アメリカの話 日本の話

何回にも分けて、「反トランプ勢の気味の悪さ」を書いてきたけれど、本当のところ私も「反トランプ」ではある。

 

理由の一つは「銃」だ。

ヒラリーもなんだかんだ言って「全米ライフル協会」との影の癒着が指摘されてきたけれど、亭主は銃規制を進めてきた人間でもある。トランプは銃所持の肯定派だ。

人を殺す道具は銃だけじゃない。人を殺すつもりの人はどうやっても殺すだろう。しかし、そこの銃があるだけでハードルはぐっとさがる。銃と犯罪についての考察はまた気が向いたら書くけれど、とにかくアメリカの銃に対する姿勢は異常だ。

外国人としても、アメリカに住んでいた人間としても、銃は即刻全面的に規制すべきだと思っている。

「でも、犯罪者だけが銃を持っていたら市民はどうやって身を守るんだ?」とアメリカ人はいう。何言ってんだ。即刻「刀狩り」を行うんだよ。アメリカの全住民に。それこそ不法滞在者や旅行者も含め、全員にだ。善人を犯罪者にしないためにも、それは絶対に有効だと私は思う。

 

 

 

 

もうひとつは「難民」だ。

不法移民については、

トランプ批判への違和感 その1(不法移民について) - 悪意の解放・善意の発露

で書いた通り、私はあまり肯定的ではないけれど、難民は別だ。

 

だいたいシリアの難民を作り上げたのは一体誰だ?

現在オンタイムで代理戦争を繰り返しているやつらは誰なんだ?

EUの連中も同じだ。利益を貪るためか、それとも純粋に義憤にかられてか知らないが、お前らがシリアをかき回したんだろ。

ロシアと中国との戦争を、シリアの人たちにさせているってことは、世界中の人間が知ってる。

難民はその犠牲者だ。

 

だったら。

「難民にテロが紛れている危険性」を甘んじて受け入れろよ。

難民のみなさんは、ロシアや中国にいくよりは、アメリカやEUのほうがいいってさ。

 

てめえのおケツはてめえでお拭きなさいませな!

 

 

 

最後に。

アメリカが保護主義に転換したい気持ちはよくわかる。もう世界に君臨する保護者兼ヤクザである「アメリカ」をやめたいんだと思う。もうその力もないしね。ジャイアンも年を取りすぎた。

自分に寄っかかっている連中を振り払い、経済が失速しようとも、夢が見られなくなろうとも、ボロボロになりながら諸外国に愛想を振りまくくらいなら、質素に生活したほうがマシだとも思うだろう。

 

でもな。

 

お前らが散々世界にちょっかいだして、好き放題荒稼ぎしたことが帳消しになると思うなよ!

 

アメリカ第一、大いに結構。

国を守るのが政府の第一の仕事だからな。

 

でもアメリカが伸ばした触手は、もう世界じゅうの地面に絡みついて、切れることなんてないんだよ。

気の毒だし、旧に失速されても困るから、ソフトランディングの道を世界中が模索するだろうけれど。

自分たちだけ殻に閉じこもって、世界の問題から逃げられると思ったら大間違いだ。

 

 

力を失ったアメリカの、言いなりになる必要はもうないんだよ。

まあ、メキシコ以外は。

トランプ批判への違和感 その4(グローバル企業による美しい言葉たち)

アメリカの話 日本の話

アンチ・アンチトランプシリーズも、いつまでも書いても仕方ないので、これで最後にしようかしら。

 

www.gizmodo.jp

不法移民にの聖域であることを「是」とするサンフランシスコの第9合衆国巡回区控訴裁が審議中の大統領令 vs. 即時停止命令に対して、企業がビジネス面への影響という点で指摘するという意見書。

 

「アメリカの経済、イノベーション、成長に大きな打撃を与える」、「大統領令は、アメリカ企業が世界的に優れた人材を雇用するのを難しくし、コストを上げるだけ。すでに進行中のビジネスの妨げにもなる。さらに、人材やビジネス、投資をアメリカに惹きつけようとする企業を脅かす」と、とにかくアメリカ企業にとって良いこと1つもないと訴えました。」

 

という内容。まあ、ごもっともです。

しかしながら、名を連ねているグローバル企業のみなさん「AppleやGoogle、FacebookにMicrosoft」は「ダブルアイリッシュ・ダッチサンドイッチ」で租税回避しまくっていた面々じゃないですか。

 

EUではこれらのグローバル企業のみなさんに追徴課税すると息巻いておりましたが、アメリカさんは反対したとか。だって、EUで課税されたら、アメリカの取り分がなくなもんねぇ。

 

そんなこんなで、アメリカさんはこれらのグローバル企業からとれるはずの税収を何兆円単位で逃しておるわけで。

アップルのCEOさんなどは、昨年「現行の米国の税体系は旧来の工業時代につくられたもので、デジタル時代の仕様ではない。時代遅れであり、米国にとっては恐ろしい。ずっと以前に改革すべきであった」とかなんとか言い訳しているけれど、現行法に違反してからの開き直りはひどいよな。

 

アメリカの利益を散々すり減らしてきた面々が「アメリカのためにならない」とかいうのね。「世界的なグローバル企業である我々」を傘にきた脅し文句のようにも聞こえる。

 

でもまあ、タックスヘイブンに関しては、アメリカも怪しいし、その辺でこうるさく言ってもしゃないとは思ってる。

 

 

なんか気味が悪いと思うのは、IT企業とかの「僕の家族も移民だった。うちの幹部も不法移民出身だったり、難民出身だったりする。移民大事!」みたいな論調。

 

つまり、あなたたちはこう言いたいのですね。

「不法移民による社会不安や経済損失は、大企業の優秀な人材のバーターだ」と。「私たちのような優秀な人材を見つけるためには、その他大勢も必要なんですよ。砂鉄を探すには大量の砂を掬わなければいけないんですよ」と。

まあ、一理ありますわな。

美しい言葉の中に、ドロドロとした本音が見えるわ。

 

 

 

ついでに、ここに来て急にトランプ政権を批判しだした企業多数だけれど。

「反トランプ」を表明しただけで売上があがり、「親トランプ」なだけで不買運動がおこる現象が起こってるわけで。

こうなってくると「反トランプって言わないと、経営不審になっちゃうよ」と慌てて表明する企業続々。

 

gendai.ismedia.jp

 

こちらの記事では「反トランプを表明したから利益を不買運動がおこった」メイシーズについても言及しているけれど、はっきり言って今は「親トランプ」なんて企業も個人も口が裂けても言えないよ。少なくとも都心部では。

 

私はトランプ支持者でもなんでもないけど、トランプ擁護の言葉を出そうものなら場が凍りつくわ。

 

そう「反トランプ」こそが道徳的、道徳的銘柄は「反トランプ」でないとダメなんだってさ。記事にもなってる。

jp.wsj.com

 

それに追随しない企業もまあ「静観」という道を選んでるわけだ。「利益の確保」と「リスク回避」のために「差別反対」の美辞麗句を並べるわけだ。

 

なんだかんだ言って不買運動は功を奏しているわけで、アンチトランプさんはなかなかい良い仕事をされたというわけ。これはいいの。目的を持った行動が、目標に近づいているんだから。

 

ただ、そういう流れに乗って「道徳家」みたいな顔をする企業の動きが気味が悪いというだけの話。

 

 

そんなこんなの中でも、影でこっそり儲けている人もいるよね。いつものこの人のように。ぶれないわぁ。いっそ清々しいわ。

jp.reuters.com

 

 

 

 

 

 

綺麗ごとを言うのが大人のマナーだから、それに反発するのは私が幼稚だからだな。

 

 

トランプ批判への違和感 その3(ポピュリズム批判という上から目線)

アメリカの話

今年の流行語対象になるんじゃねーかと一瞬思ってしまうほど、最近聞くよ、ポピュリズム。日本では「大衆迎合主義」みたい言われるけど、もともとは権力者への市井の反発みたいなやつだからね。

 

まあ、昔からさ。口汚い豪腕タカ派っぽい政治家がでると「わぁーーーーっ」と人気が出てさ。でもって、政治はめちゃくちゃで尻すぼみになるパターンってあるじゃん。だから、そういうイメージなんだろうね。

 

なんていうかさ。人間て考えるのが面倒になるとさ。誰か自分を助けてくれるようなヒーローに委ねたくなるんだよね。毎日パンをくれるなら、奴隷になってもいいですよ的な。そういうのをポピュリズムだと非難したいんだろうね。

 

でもさ。奴隷根性丸出しの人間たちにも、選挙権はある。それが民主主義ってもんでしょうよ。自らの選択が間違っていようがその責任はみんなでとる。「人民の人民による人民のための政治」ってのな。どんな人間にも考える権利と選ぶ権利があるってのが民主主義でしょうよ。

 

今回、アメリカの法律に乗っ取った方法で、トランプは勝った。べつにさほど僅差じゃなかったよ。予想が大きく外れただけだ。

 

 

ずっとトランプが大統領になるなんて思ってなかったけれど、昨年の夏頃「あれ? トランプあるんじゃないか?」と思ったのは、日々テレビやネットを騒がせるトランプの「よろしくない言動」と、それを大きく報道するメディア。知識層はトランプ批判しておけば安泰。毎日毎日そればかりみているのに、なぜか支持率が下がらない。っていうか、むしろ上がることもある。

 

「市民がメディアの誘導を無視してんのか?」

 

大衆を誘導するのはメディアの専売特許じゃなかったのかい?

なのに、今回市民は口汚く下品で頭の悪そうなトランプの言葉の方に好感を持った。

 

それをポピュリズムと呼ぶのなら、確かにそうだろう。

しかしトランプが大衆に迎合したわけじゃない。

大衆がトランプを持ち上げたのだ。

 

 

それはそれで良しとして。

トランプ当選を悪夢とする米国知識層のみなさんは「本当に何を考えてトランプに入れるのかわからない」「彼らはトランプが神だと信じているのよ。思考停止して」とか言う。「政治のことがわからない人たちに選挙権を与えてはいけない」なんて言い出す人もいる。

 

馬鹿には選挙権を与えちゃいけない。

馬鹿が投票するときは、有識者が啓蒙しなくてはいけない。

 

 

そういう考え方が、一番反民主主義的だと思うんだが?

もし、頭のいい連中がだけが政治に関わるべきだとすれば、それはもう中国のようにエリート独裁制でやるしかないと思うのだが?

 

 

ポピュリズムの流れを作り出した市民は、そういう上から目線が気に入らなかったんじゃないか。

下品で反社会的なトランプの発言は、都会に住んでいて、知識と教養があって、とくに生活に困っているわけでもないのに貧困層に同情するような、リベラルエリートがもっとも嫌うところだもの。

 

トランプ支持者は実はトランプが好きなんじゃなくて、自分たちを政治の場所から排除しようとするリベラルエリートが嫌いなだけなんじゃないかと思う。

 

 

ならば。

トランプを作り出したのは、安易にポピュリズムを批判して、結果的に民主主義を否定することになっているリベラルエリートのみなさんなんじゃないか?

トランプ批判への違和感 その2(アメリカ大丈夫か論)

アメリカの話

入国禁止令で揺れるアメリカ。

 

テロを起こす人間がいる疑惑国家7カ国(まあ、この7カ国はオバマが決めたやつなんだが、この辺トランプのうまさというかヘタレさがでてるけど、その話はまた別で)からの人間をストップさせることに賛成の人もいる。反対の人もいる。

 

ロイターの調査では半分くらいは賛成らしいね。反対多数の調査もあるけど、どちらも調べ方の問題だとは思う。

 

諸外国からの移民を高待遇で受け入れるほうが、アメリカの国力を持続できるという考え方のデモクラッツ。いやいや、国内で困っているアメリカ人を助けるほうが先だろうというリパブリシャン。この対立構造は随分前から変わらない。

 

それでも、いきなりの大統領令発令はインパクトあったよ。アメリカ国民が動揺し批判するのはわかるんだよ。

我が国の未来がかかってるんだからね。

 

なんせ世界中から金をむしり取ってきたアメリカさんだから、今鎖国しちゃったら国内だけで地道に生きていかなきゃいけない。富豪のみなさんだって困るもんね。中東にだって優秀な人材がいて、その人たちも欲しいさ。中東の市場も欲しいしさ。白人の裕福な層は例に漏れず少子化だから、やっぱり移民の人に子どもを増やしてもらうしかないってのもある。

 

しかしながらアメリカは自国だけでなんとか生きていける数少ない国の一つでもある。みんなが慎ましやかに生きてれば、ブロック経済やっても食べていけるんよな。危険因子を排除して、アメリカと同盟国だけで楽しくやりたい気持ちもわかる。

 

どっちが素敵なアメリカか、アメリカ人が揺れるのはわかるんだよ。

デモ対デモで戦う場面もあるわな。

 

 

 

違和感があるのは、アメリカ外からの「アメリカ大丈夫か論」だ。

 

「アメリカには海外からやってきた優秀な医師が大勢いる。今回の禁止令で彼らがアメリカにいられなくなったらアメリカの損失だ」

 

「今回の政策がアメリカを孤立させ、そのことによる損失は計り知れない」

 

とかいう話がでるよね。まあでるわな。そりゃその通りだと思うよ。アメリカ人は危惧しないとね。まあ、トランプは優秀な人材にまでブロックをかける気はなさそうだけど、優秀な人材に嫌われるのは良策じゃないね。優秀な人材が家族を呼び寄せるのに面倒な手続きが増えたら「アメリカやーめた」ってなるかもしれないし、それはそれでもったいないわな。そこは考えないとな。

 

でもさ。祖国の人間にしたらどうよ?

自国で育てた優秀な人材をアメリカに取られることに反発はないの?

諸外国のみなさんはさ、よってたかって、その優秀な人材をもらいにいけばいいじゃん。

なぜアメリカに滞在させたがんの? チャンスじゃん。

まあ、アメリカで医者やったら儲かるからね。それ以上の支払いをして、今のアメリカ以上の高待遇で雇うのは大変だろうけどね。

 

 

結局、アメリカが弱体化することをみんなが怖がってんだよね。

なんだかんだ言って、アメリカってヤクザにみかじめ料払って、守ってもらってる気になってたんだよ。日本だけでなくみんな。

アメリカって楽園を築き上げて、そこに寄っかかって生きていきたかったんだよ。

 

アメリカのみなさんには申し訳ないが、アメリカが弱体化するのは他国にとってはチャンスでもある。

 

アメリカがつきあいをやめるって国との友情が惜しいなら、その人たちと手を結びにいけよ。

アメリカの人材が流出したら、その人たちを取りにいけよ。

 

もし、アメリカから溢れるものに、取りに行くほどの価値がないなら、それを排除する

アメリカを責める理由はないよな。

 

「平和の少女像でなぜ日本が傷つくのか」だって?

日本の話

トランプ批判の気味の悪さについて、もう少し語りたいけれど、合間にちょっと日本のニュース。ってか、韓国のニュース。ってかやっぱりアメリカのニュース。

 

朴裕河は訴える=山田孝男

 

韓国の日本大使館、総領事館前に「慰安婦」像があるとなぜ悪いか。

 最も本質的な理由は名誉毀損(きそん)罪で起訴され、先月25日、無罪になった朴裕河(パクユハ)・世宗(セジョン)大学校教授(59)の意見陳述の中にある。

・・・・・・・・・・(以上一部引用)

珍しいね。リベラルの毎日さんが慰安婦の件で日本の立場をちょっぴり擁護しているように見える。

 

実際のところ、政治家も、歴史家も、あとちゃんと調べる能力のある一般人(韓国・日本双方)も、だいたいの事実は掴めてるんじゃないかな。でも、なかなかストレートに言えないけれど。

 

私は個人の見解としては、昔のよくあった人身売買による売春で、親に売られたり騙されたりで管理売春させられたっていう、当時世界中であった「よくある話」なんだろうと思っている。ただ当時の日本の法律でも本人の意思に反して売春させられたり、子どもに売春させたりってのは犯罪だったわけだけれど、慰安所を管理していた軍の人間も、慰安婦の健康を見ていた軍医も、あとお客だった軍人も、そのあたりに違反があったのを知ってて運営を持続させていたことは、慰安婦問題が持ち上がる前からある軍記などでもあきらかで、日本軍に非がないとはとても言えない。

拉致等もあったとの証言も多い。でも、その証拠が出たり、証言があるのは、ほとんど戦地なんだよね。中国とか南洋の島々とか。女を用意せよとのプレッシャーがあったかもしれないけれど、これはあきらかに軍規違反で、問題になったら裁判にかけられて処刑されたりしてるから、これを日本の国策だと言われると「うーん」とはなる。犯罪者はいつもどこの国にでもいる。ただ、戦時下という状況が普通なら善良な市民である人々を犯罪者にしてしまったって部分はあるから、やっぱり日本にも責任はある。たださぁ。韓国人女性を売ったのは、韓国人の親御さんやら女衒やらだし、その責任を「日本軍のホロコースト」だなんていわれてもなぁ。

でも一部好景気な場所の慰安婦の記録をもってして「慰安婦はぜいたくな生活をしてた」とか「進んで体を売っていた」と言われると、それはまた酷い言い草だろうと思う。1日に10人も相手にしてたら、体ボロボロだよ。しかも戦地だったら逃げるに逃げられんわけだし。「兵隊だって逃げられずに戦ってるんだぞ」なんて文句は慰安婦ではなく、戦争をおっぱじめた連中に言えって話で。慰安婦が気の毒なことは間違いなく、女性の権利が主張されはじめたのは戦後ずいぶんたってからだから、その後で保障を求めるのもさほどおかしな話ではないだろうと思う。だから、慰安婦のおばあさんたちを貶めるような物言いは眉をひそめるばかり。嘘をついている人も多いかもしれんが、それはそれで誰かの指示に従っているんだろうと思うと、やっぱり気の毒だわなぁ。責めるべきは彼女たちを利用している奴らなんだろう。

 

まあ、私の見解はどうでもいい。

とにかく、慰安婦論争は国際世論的には「負け戦」だってこと。

毎日さんの必死の(?)擁護むなしく、アメリカのCNNのニュースはこんな感じ。

www.cnn.com

 

ほとんど少女像を作った人へのインタビューで埋められている。

フェイスブックへの書き込みは「日本は罪を認めろ」「日本が言い訳しても歴史は変わらない」「日本人は自分たちの祖先がなにをしたか知らない」とかのオンパレード。

 

知っていますとも。少なくともあなた方よりは。

大した興味もないくせに、なにも調べもしないくせに、「差別だ」「ホロコーストだ」と誰かが叫べば、寄ってたかって批判するのがアメリカ人ってものなんだけど。

 

 

でもまぁ、我々だって同じようなもの。

フセインやらカダフィーやら、彼らがなにをしたかよく知りもしないのに、被害者の声をアメリカの見解を聞いて「ああ最悪だ」なんて思ったものだし。今回のトランプの件だって、トランプ支持者はバカだとしか思っていないんじゃない?

 

とにかくこれは負け戦だ。

いくら「慰安婦の半数以上が日本人だったよ」と言っても、「連合軍だって朝鮮戦争以降は朝鮮人慰安婦を使ってたじゃない」とか、「今でも世界中で米軍が現地の女を買ってるじゃん」って言ったって、聞く耳なんてもたないよ。所詮犯罪者の言い訳だと思ってるよ。自国の犯罪者の権利は守ろうとするのにね。

 

それでも、CNNのインタビューに答えている慰安婦像の作者には言いたい。

 

Huh? "Which part of a statue of a girl is harming Japan? It's a statue with a message of peace and for the rights of women,"?

 

Why do not you build the statue in front of the White House if you think so?
Or, UN Headquarters?

 

How do you think about right of comfort women for UN?

Prostitutes in South Korea for the U.S. military - Wikipedia

Do you know how many Korean prostitutes are working in America?

reason.com

 

Where are the peace and the rights for them?

 

It was good prostitution by UN?
That was Holocaust by Jap?

 

That is exactly the discrimination!

 

 

 

 

 

「平和の少女像でなぜ日本が傷つくのか」だって?

「女性たちの平和と権利のための像なのに」だって?

 

じゃあホワイトハウスの前に建てなよ。

もしくは国連本部でもいいよ。

朝鮮戦争とその後に、連合軍を相手にしてきた女の子たちの権利はどうでもいいの?

アメリカでどんだけの女の子が売ってると思ってんの?

彼女たちの平和と権利はどうでもいいのか?

 

国連の買春は良い買春?

日本のそれはホロコースト?

 

それこそが差別だろうがよ!

 

 

まあ、負け戦だとはわかっているけれど、早くできるだけの事実をつまびらかにして、本当のところを知りたいと思っている人のところに届くような資料作りを両国に求めたい。

 

朴先生、がんばれ。